<東金女児殺害>公判での客観証拠重視を要望 福祉連盟(毎日新聞)

 千葉県東金市で08年9月、保育所園児、成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(当時5歳)が殺害された事件で、日本発達障害福祉連盟(金子健会長)は5日、殺人罪などで起訴された同市東上宿、無職、勝木諒(りょう)被告(23)を審理する千葉地裁に要望書を提出した。供述以外の客観性の高い証拠を重視して審理するよう求めた。

 同連盟は、取り調べなど圧力を受ける状況下で、知的障害者は誘導に乗りやすく、相手の意図に沿った言動をしやすい特性があると指摘。要望書で「被告の知的障害を適正にかんがみての審理を強く願う」と求めた。

犯人隠避で会社役員ら逮捕=逃亡の会計士かくまう−GWG買収仲介脱税・東京地検(時事通信)
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定(産経新聞)
元母を「許せない、終身刑に」虐待公判で女児(読売新聞)
「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)
<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
[PR]
by 6zlx8cj5ak | 2010-03-07 16:04
←menuへ