寄付金407万円着服 大阪民事調停協の元職員(産経新聞)

 大阪地裁の民事調停委員ら有志約600人で組織する「大阪民事調停協会」(大阪市北区)に約40年間務めた元事務職員の女性が、調停委員らの寄付金約400万円を着服していたことが17日、分かった。

 協会によると、女性は平成8年から協力団体の「日本調停協会連合会」(東京)に寄付金を送金する業務を担当していたが、19年に退職した後、407万円を送金せずに着服していたことが判明した。

 女性は「私用に使った」と話している。すでに全額弁償されており、協会は刑事告訴はしない方針。

 民事調停は、裁判官や調停委員が仲介し、話し合いで法的トラブルを解決する手続きで、調停委員は大学教授や弁護士ら有識者から選ばれる。制度の維持、運営のために協会が調停委員から寄付金を募っている。

【関連記事】
2職員が1億3700万円着服 岡崎信金
気球連盟の元理事が横領3千万円超 「個人的な活動費に」
火葬料400万円着服か 女性社員、件数少なく報告? 岩手・一関
近畿農政局職員、切手360万円分着服で懲戒免
「10億円はFXに使った」 着服の近鉄ビルサービス元社員を起訴
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

政府、情報連絡室を設置=福島地震(時事通信)
<水難>兄弟がゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
適切な対処望めない=賭博問題で相撲協会に苦言―文科相(時事通信)
生活保護の老齢加算金廃止、初の違法判断(読売新聞)
シャチ「ナミ」ちゃん、太地町から名古屋へ移送(産経新聞)
[PR]
by 6zlx8cj5ak | 2010-06-19 07:03
←menuへ