ジャンプ台の設計偽装、元社長ら2人逮捕(読売新聞)

 札幌市のスキージャンプ台設計会社「インターナショナル・テクニカルコーポレーション」(倒産)が、全日本スキー連盟(SAJ)からジャンプ台工事の設計を受注したように見せかけ、同市内の金融機関から計2億円近くをだまし取った疑いが持たれている問題で、札幌南署は13日、同社の元社長で保険代理業堀田博行(59)(札幌市東区伏古1の4)、同社元会長で無職裴弘一(64)(同市南区真駒内上町5)の両容疑者を詐欺や有印公文書偽造・同行使などの疑いで逮捕した。

 発表では、2人は共謀し、2005年11月頃、青森県内のジャンプ台を巡る架空の改修工事をでっち上げ、同県がSAJに発注したとする土木設計業務委託契約書と、SAJがイン社に業務委託したとする契約書をそれぞれ偽造。

 同月、札幌市北区の札幌信用金庫幌北支店に書類の写しを提出し、3千数百万円を融資させ、だまし取った疑い。

 2人はこのほかにも、札幌市内のみずほ銀行や北洋銀行からも、同様の手口で1億数千万円をだまし取った疑いがあり、道警で余罪を調べている。

プライマル
家庭教師募集中!
クレジットカード現金化 比較
現金化
クレジットカード現金化 還元率
[PR]
by 6zlx8cj5ak | 2010-01-13 19:25
←menuへ