ひき逃げで小学生重傷=登校途中に−兵庫・芦屋(時事通信)

 8日午前7時すぎ、兵庫県芦屋市岩園町の交差点で、男児が血を流して倒れているのを通行人の男性が発見、119番した。男児は近くの病院に運ばれたが、頭と右足の骨を折って重傷。現場の状況などから、県警芦屋署はひき逃げ事件とみて調べている。
 同署によると、男児は近くに住む小学3年板東興輝君(9)で登校途中だった。命に別条はなく意識はあるが、車にひかれたことについては、記憶にないという。現場は片側1車線の市道。 

【関連ニュース】
運転の男が逃走指示か=同乗者供述、名古屋ひき逃げ
「港目指し逃亡」と供述=国外脱出図る?
運転のブラジル人を逮捕=名古屋ひき逃げ、容疑否認
運転のブラジル人、指名手配=名古屋ひき逃げ・愛知県警
別のブラジル人同乗者が出頭=携帯の男か、逮捕へ

慢性化しやすい欧米型B型肝炎、家庭内でも感染を確認(医療介護CBニュース)
首相動静(2月14日)(時事通信)
電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超(産経新聞)
自民は不祥事から卒業=谷垣氏(時事通信)
日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨(産経新聞)
[PR]
by 6zlx8cj5ak | 2010-02-14 21:20
←menuへ