集団予防接種でウイルスに感染したとして、国家賠償を求めている全国B型肝炎訴訟原告・弁護団は20日、早期解決に向けて東京・霞が関の厚生労働省前で抗議の座り込みを行った。同日夕には民主党の細野豪志副幹事長が原告らと面会し、「和解協議のテーブルに着くよう動いている」と述べた。
 一連の訴訟では、札幌、福岡両地裁で和解勧告が出され、政府は札幌地裁の次回期日(来月14日)までに協議に応じるか決める方針を示している。
 細野氏は雨の中、座り込む約50人の原告らを訪れ、「協議に応じるよう政府などに働き掛けている」と状況を説明。原告側は「重篤患者が多く、もう待てない」と回答の前倒しを訴えたが、細野氏は「14日に政府として結論を出すので待ってほしい」と述べるにとどめた。
 原告側は鳩山由紀夫首相や長妻昭厚労相ら6閣僚に面会を求めたが全員応じていない。原告は「結論を出す前に声を聞いてほしい」と要求したが、細野氏は実現困難との見通しを伝えた。
 原告団の谷口三枝子代表は「先行きに明るさも見えたが、一日も早く和解に応じるという姿勢が感じられなかったのは残念だ」と語った。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

首相現地入り、方針決定後に=普天間移設先で官房長官(時事通信)
限度額撤廃規定、盛り込まず=郵政改革法案で政府方針(時事通信)
新潟の強制労働も和解=中国人連行、初の全工事解決−西松建設(時事通信)
「3年でデフレ脱却」=自民公約骨子(時事通信)
<化石>アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-04-27 20:19
 広島地検は21日、同地検の川見裕之次席検事(52)が広島市内の病院で同日急死したと発表した。川見次席検事は1日付で着任したばかりだった。 

100人が成田空港で一夜=帰国できない外国人ら−欧州火山灰(時事通信)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上−福岡(時事通信)
不起訴不当で起訴、被告に無罪=バイク衝突死亡事故−熊本地裁(時事通信)
<教員人事権移譲>副文科相容認 大阪府11年度から実施へ(毎日新聞)
玄米3・6トン、フォークリフトで盗み出す(読売新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-04-23 05:41
 建設が進められ、日本一高い建造物となった東京スカイツリー。「上空から見学したい」との要望に応え、エクセル航空(千葉県浦安市)がヘリコプタークルージングを始め、これまでにない眺めが好評を博している。

 クルージングは浦安ヘリポートを出発、スカイツリーのほかに東京タワーや皇居などを周遊する。所要時間は約20分。午後2時から毎日3〜4便を運航し、スカイツリー完成までの提供を予定している。大人1万2000円、子供6000円など。【問】(電)047 ・380 ・5555。

【関連記事】
矢島美容室「映画もツリーのように世界一!」
スカイツリー音頭誕生へ 地元・墨田「盆踊りの定番にしたい」
東京ロマン飛行 飛行船「ツェッペリンNT」が首都離着陸
スカイツリーが日本一!東京タワーの高さ抜く
東京スカイツリー 2000台のLED照明でライトアップ

分権推進へ連携=舛添、東国原氏が会談(時事通信)
「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?(産経新聞)
4月の雪に行楽地悲鳴、灯油は売り上げ好調(読売新聞)
所管全法人の会計を検査=千葉法相(時事通信)
<チューリップ>春の香、満喫 三重・桑名(毎日新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-04-20 15:12
 ■「グランド」の記憶 世代超え

 プロ野球開幕当初、「今年の日本シリーズは関西対決やぁ!」と叫んだファン(特定の…)は多かったろう。セ・パ2リーグに分立して六十余年。関西のチーム同士で日本一が争われたのは、「御堂筋対決」などの名称で呼ばれた昭和39年の阪神Vs南海だけだ。

 御堂筋対決でも歌われた『南海ホークスの歌』は昭和27年に発表された。冒頭に出てくる「グランド」とは、今はない大阪球場のこと。作詞・佐伯孝夫、作曲・佐々木俊一、歌うのは灰田勝彦。前年公開の映画「歌う野球小僧」に主演した灰田が歌ってヒットさせた『野球小僧』と同じ顔ぶれによる応援歌だ。

 南海ファンの間では、「応援歌を歌うと途中で『野球小僧』になり、『野球小僧』は応援歌に替わる」と言われるほど、2つの曲の旋律は似ていた。同じスタッフによるものなら、それも合点がいく。

 「当時の資料を調べると、映画のヒットにヒントを得た南海側が、応援歌制作を依頼したようです。明るく、のびやかな灰田さんの声が、ファンに定着する大きな要因になったのでは」

 南海を中心にパ・リーグの歴史をまとめた平成15年の著書「南海ホークスがあったころ」(5月に文庫化の予定)の執筆者の一人、関西大学社会学部の永井良和教授(大衆文化論)はそう分析したうえ、意外な事実も明かす。

 「実は何らかの事情で、レコードは一般発売されておらず、3千枚が関係者に配られただけ。現代のようにCDがミリオンセラーになったわけでも、テレビやラジオで大量に流されたわけでもないのに、球場では世代を超えたファンが合唱できた。楽曲の広がる伝播(でんぱ)方法としては、極めて異例です」

 御堂筋対決を制したときはもちろん、昭和63年に球団が去ってもファンに歌われた名曲だ。

 子供や男たちが熱狂した大阪球場は、球団身売り、福岡移転(ダイエー↓ソフトバンク)後、住宅展示場をへて平成15年10月、複合商業施設「なんばパークス」に生まれかわった。女性や若者を中心に年間で2900万人が来場する。

 その2階に、意識していても通り過ぎてしまいそうな御影石製のプレートが設置されている。この真下に大阪球場の本塁とマウンドがあった。

 9階に上がれば、「南海ホークス メモリアルギャラリー」がある。日本シリーズのチャンピオンフラッグや杉浦忠監督のユニホーム、門田博光選手の2千本安打達成時のバットなど26点が展示され、試合のVTRも流されている。

 南海電鉄総務部の担当者は「ここに大阪球場があったということを残しておきたい」という。

 8階の円形劇場には、外野席の雰囲気を漂わせる木製ベンチが階段状にしつらえてある。近所に住む子供たちが走り回り、ビジネスマンが、つかの間の休息を取っていた。

 初めて南海の公式戦が開催されたのは昭和25年9月16日。緑の軍団が汗を流したその場所は60年後、喧噪(けんそう)から一瞬だけ抜け出せる緑に囲まれたオアシスになった。(伊藤洋一)

                   ◇

【メモ】野球以外の大阪球場

 パークスの屋上庭園には、ゆかりのある著名人のアルミ製手形が20体、設置されている。府立体育会館での大相撲春場所で、16年から3連覇した元横綱・朝青龍関、なんばグランド花月を本拠とする吉本興業の落語家・笑福亭仁鶴…。

 その中に交じって、歌手・西城秀樹のものも。西城は昭和49年から10年間、球場で屋外コンサートを行っていたのだ。ほかにもマイケル・ジャクソンやマドンナ、尾崎豊にサザンオールスターズがライブを開催。球団移転後には劇団四季による「キャッツ」も上演された。

                   ◇

 歌舞伎や小説、音楽…。さまざまな作品に登場する舞台の“今”を訪ねます。

B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理(産経新聞)
私の飼い猫の名は?…高校教諭がテスト出題(読売新聞)
<福岡・能古島の遺体>海上の袋に両腕 被害者の諸賀さんか(毎日新聞)
宇宙飛行士候補 訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」(毎日新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-04-14 12:37
 向田邦子賞委員会と東京ニュース通信社は6日、優れた脚本家に贈られる第28回向田邦子賞の授賞を見送ったと発表した。受賞者無しは1982年の賞創設後初めて。 

小沢幹事長と前原国交相、バトル再燃!(スポーツ報知)
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割−看護師意識調査(医療介護CBニュース)
政府案、筋道通らぬ=普天間移設で官房長官に−沖縄知事(時事通信)
「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)
9地点で多雨記録更新=気温変動激しい−3月の天候まとめ・気象庁(時事通信)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-04-09 01:47
←menuへ