◇未経験者の育成に方向転換

 【長野】信濃グランセローズなどが加盟するプロ野球の独立リーグ・BCリーグが、4月開幕の今シーズンに向け、初めて「経験不問」の要件を掲げて審判員募集に乗り出した。リーグ設立から3年が経過するが、審判員の確保が毎年難航し、現在の常勤は1人だけ。制度上の「壁」でアマチュア側からの協力も得られず、未経験者の育成に方針転換した。しかし、給与水準の低さや教育態勢など課題は多く、前途は多難な様子だ。【小田中大】

 ◆軒並み退職

 BCリーグ事務局によると、09年シーズンの審判員は計28人。半数以上が県外在住者で、週末の試合が雨などで平日に延びると来県が難しくなる。4人の審判が確保できず、2〜3人で行ったことも5試合あった。

 同リーグは07年の設立以来、09年まで常勤審判員がいたが、同年末で渡辺一行審判部長(29)を除いて全員退職した。セ・パ両リーグ(NPB)の審判員を目指していた若手が多く、「NPBの年齢制限に引っかかり、引退した人が多い」(渡辺部長)。09年末に今シーズンに向けた募集を行ったが、応募はゼロだった。

 ◆プロ・アマの壁

 BCリーグは以前から、社会人野球などアマチュア側に協力を求めてきた。アマ側の審判員にBCリーグの試合も頼めないか、というものだ。だがそこには「プロ・アマ規定」という壁がある。

 アマチュア野球のうち、高校野球に携わる審判員は、BCリーグなどのプロ野球では審判ができない。社会人野球を統括する県野球連盟の松浦勇審判部長(64)は、所属する23人の審判員が全員県高野連にも所属しているため、「今後もBCリーグに協力するのは難しい」と話す。

 そこでBCリーグは、まだ高野連などに属していない未経験者を含む審判員を募集し、自前で審判を集め、育成する方針に転換した。だが未経験者の教育はリーグとしても経験がなく、先行きは未知数だ。渡辺部長は「試合前などに教えて、何とか実戦に出られるようにしたい」と話す。

 ◆給与向上がかぎ

 そもそもBCリーグは「リーグの体力もまだ低い」(渡辺部長)ために、審判員の収入だけでは、生活の維持が難しいのが現状だ。同リーグの常勤審判員の月収は10万〜15万円。拡充を目指している非常勤審判員も、日当は平均3000円程度にとどまるという。

 独立リーグの先輩である四国・九州アイランドリーグ(ILリーグ)では、月収約20万円を支払って4人の常勤審判員を確保している。常勤は試合進行に責任を負う「責任審判」になり、非常勤の指導も行う。ILリーグの田室和紀理事(36)は「判定を巡って観客からヤジが飛ぶこともあるし、プロとして興行する以上、審判も高いレベルが求められる」と、常勤の必要性を指摘する。BCリーグでも、審判員の地位向上はリーグの隆盛に向けて大きな課題と言えそうだ。

………………………………………………………………………………………………………

 ■ことば

 ◇野球のプロ・アマ関係

 日本学生野球憲章10、19条は、学生野球の選手がプロ野球関係者との試合や練習などを禁止する規定を設けている。BCリーグは同規定ではプロ野球として扱われる。審判についても学生野球の選手がプロ野球の審判員の審判を受けることを禁止しており、そのため各地域の学生野球連盟と都道府県高野連に所属する審判員はBCリーグで審判をすることを禁じられている。

皇太子さま、アフリカご訪問前に抱負(産経新聞)
イノシシ猟で60代男性死亡=散弾銃誤射か−長崎(時事通信)
憲法改正の論点整理 自民推進本部が発表(産経新聞)
緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天(医療介護CBニュース)
通学マナーや法令順守…大学生に「常識」指導(読売新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-03-10 14:43
 和歌山県白浜町で7日、出直し町長選があり、任期満了直前に辞職した前町長の立谷誠一さん(60)=無所属=が、新人候補との一騎打ちを制して再選を果たした。しかし任期は今月25日の任期満了までのわずか19日。この間にまた選挙をしなければならない極めて異例の事態になった。

 公選法は、任期途中で辞職した首長が出直し選で当選した場合の任期を、当初の残り期間と定めている。

 当初、立谷さんは、任期満了に伴い同じ日程で行われる町長選に立候補を表明していた。しかし、町内のごみ焼却施設を巡って地元地区代表との関係がこじれたと2月8日付で辞職したため、出直し選になった。選挙戦で立谷さんは「辞職しなければ私自身もたなかった」と理解を求めたものの、町内の自営業の男性(57)は「町財政が厳しいことを一番よく知っているはずだ」と話すなど、辞職に対して厳しい声が多かった。町総務課によると、町長選の経費は1000万〜1500万円とみられる。【吉野茂毅、最上聡】

【関連ニュース】
おいらせ町長選:津波で投票箱24時間監視、ようやく終了
津波:青森のおいらせ町長選 投票所閉鎖で7日再投票
チリ大地震:各地に津波 青森・おいらせ町長選、3投票所を閉鎖−−7日再投票
選挙:おいらせ町長選 あす3投票所、再投票 異例の「延長戦」 /青森
選挙:神戸町長選 谷村副町長、出馬を表明 /岐阜

わいせつDVD製造グループ会長を逮捕 売り上げ23億円以上(産経新聞)
<訃報>寺田博さん76歳=文芸評論家(毎日新聞)
<暴言>愛知学院大の硬式野球部監督、選手に 厳重注意処分(毎日新聞)
<万引き>徳島商サッカー部員十数人 サッカーシューズなど(毎日新聞)
民主“参院の乱” 身内から「公共事業を止めるな」(産経新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-03-09 03:05
 千葉県東金市で08年9月、保育所園児、成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(当時5歳)が殺害された事件で、日本発達障害福祉連盟(金子健会長)は5日、殺人罪などで起訴された同市東上宿、無職、勝木諒(りょう)被告(23)を審理する千葉地裁に要望書を提出した。供述以外の客観性の高い証拠を重視して審理するよう求めた。

 同連盟は、取り調べなど圧力を受ける状況下で、知的障害者は誘導に乗りやすく、相手の意図に沿った言動をしやすい特性があると指摘。要望書で「被告の知的障害を適正にかんがみての審理を強く願う」と求めた。

犯人隠避で会社役員ら逮捕=逃亡の会計士かくまう−GWG買収仲介脱税・東京地検(時事通信)
官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定(産経新聞)
元母を「許せない、終身刑に」虐待公判で女児(読売新聞)
「病腎移植について理解してもらいたい」病腎移植で万波医師(産経新聞)
<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-03-07 16:04
 部落解放同盟の第67回全国大会が3日、東京都千代田区の九段会館を主会場に始まった。今夏の参院選での勝利や「人権侵害救済法」の実現などを掲げた10年度運動方針案について議論する。大会は4日まで。

石井議員のチベット発言、島根知事「県民に失礼」(読売新聞)
龍馬ゆかりの地を行く 御所に砲声、蛤御門の変(産経新聞)
普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制−官房長官(時事通信)
女性遺体…検視で「病死」翌日解剖で「殺人」(読売新聞)
「罪状」を「ジョウザイ」小林議員、事件に動揺(読売新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-03-06 00:05
 政府は28日、チリ中部沿岸で発生した巨大地震を受け、関係省庁の局長級による緊急参集チームの会合を首相官邸で開き、津波による被害を最小限とするための対策や住民避難に万全を期す方針を決定した。津波に関する官邸対策室を官邸内の危機管理センターに設置し、伊藤哲朗内閣危機管理監を中心に情報収集に当たったが、東北3県を対象にした大津波警報の津波警報への切り替えを踏まえ、午後7時すぎに対策室を連絡室に改組した。
 平野博文官房長官は同日夜、首相官邸で記者団に「人的被害は確認されていない」と述べる一方、「国民には警戒心を緩めずに、関係機関の指示に従って落ち着いて行動していただきたい」と呼び掛けた。
 鳩山由紀夫首相は午前、首相公邸で平野長官に対し、「国民への情報提供を徹底し、万全の態勢を敷いてほしい」と指示した。また、官邸で記者団に「住民に一人の被害も出さないように(対策を)徹底したい」と強調。さらに「太平洋沿岸部にお住まいの皆さんには、絶対に海に近づかないよう呼び掛けている。それを守っていただきたい。油断は大敵だ」と訴えた。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔用語解説〕「大津波警報」
岩手・久慈港で1.2メートル=太平洋側各地で観測
警報引き下げ、適切ではない=「3メートル津波」は否定

<新宿指輪強奪>容疑者逮捕 韓国当局(毎日新聞)
かりんとう (お笑いコンビ)
<人事>日本経済新聞社(毎日新聞)
ゴールドディスク大賞に嵐(時事通信)
<警察庁>安藤長官が3月訪韓(毎日新聞)
[PR]
# by 6zlx8cj5ak | 2010-03-04 04:28
←menuへ